知って得する給与前払いシステム

日給制と日払いの違いについて

働き方が多様化し、夫が会社で働いて、妻が専業主婦で子育てをする時代から、結婚をしないで1人暮らしをしたり、家庭を持ってからも共働きをするなど、仕事の仕方も人それぞれです。月給制や年棒制を正社員、時間給や日給で働くアルバイトやパートタイマーを非正規という呼び方で区分するのも、形式的な違いにすぎません。主にイベントのための臨時スタッフや、工事現場などで、浅野紙業と午後の終業時間が決まっている場合、一日の労働時間も自動的に決まっています。時間給でも働く時間がわかっていれば、一日当たりの給料が決まるので、働いた日数一日あたりの給料を決めることを日給といいます。

求人情報で日給いくらと書かれていても、日払いとは限りません。給料日の曜日を決めて、週に1度、前週分を支払う週払いや、同様に1か月に一度の月払いでも、日給とは言うので、日払いを希望する場合は、事前に確認しておきましょう。日払いのメリットは、退職や、次の仕事を見つけた時に、お金の受取や事務手続きのために出社する必要がないことですが、振込の手数料や事務手続きの負担がかかるため、多くの場合、銀行口座振り込みではなく、現金支給になります。日払いの場合、源泉徴収は、日額表(丙欄)という項目で所得税を控除されます。

翌年3月15日までには確定申告が必要なので、給与明細は大切に保管しておきましょう。日払いの給料でも、年末に、その年にもらった給料の合計について、源泉徴収票をもらうことができますので、もらえたら、給与明細は確定申告で使用しなくてよくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *