知って得する給与前払いシステム

フリーランスに必要な手続き

会社に正社員で入りますと、いろいろな書類を提出することになります。会社員のメリットはそうした書類について手取り足取り教えてくれることです。会社に勤めていますと、そうしたことにありがたみを感じませんが、フリーランスになりますとそのありがたみが痛いほどわかります。社会人として生きていくには必要な手続きがあります。

その中には義務というものもありますが、義務でなくとも手続きを終えておくが「損をしない」こともあります。「損をしない」という表現は中途半端な表現ですが、その手続きを終えていませんと自分が損をすることがあるからです。実際、知らないばかりにとても大きな損失を被ることもあります。フリーランスになるということは自分で税金を納めることを意味します。

もし納めないなら法律違反になってしまいます。会社勤めですと会社がすべて行ってくれて、言われたとおりの金額を納めるだけです。正確には「納める」必要もありません。会社が徴収してくれます。

つまり税金に関しては会社がすべて行ってくれます。フリーランスになりますと、それらをすべて自分で行う必要があります。具体的にはまず「開業届」を提出する必要があります。そして、税金について勉強するならわかりますが、確定申告には青色申告が有利ですのでその届け出も出したほうが得です。

次に社会保険関連です。健康保険と国民年金ですが、どちらも自分から動く必要があります。誰も教えてくれません。しかもしっかりと知識を得てから行動を起こす必要があります。

先に述べましたように損をすることもあるからです。手続きについて勉強することはとても大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *