知って得する給与前払いシステム

フリーランスとは、どのような働き方なのか

最近、会社などに就職をしないでフリーランスや個人事業主として働く人が多くなっています。このうち、フリーランスとは、仕事を一つずつ企業や団体と契約を結び、独立して仕事を行っていく人のことで、企業などとは雇用関係が存在ししません。また、仕事を1回ごとに契約をするのではなく、企業や団体から依頼された仕事を何件かまとめて契約を結ぶこともあります。この場合、1回だけの仕事の契約よりも長期間の契約となることが多く、企業や団体からの仕事の発注書などに基づいて仕事を始めて行くことになります。

また、正社員などでは存在する仕事上の守秘義務も、企業や団体からの依頼内容によっては守秘義務の契約をすることがあります。このように、フリーランスというものは、企業や団体との仕事の契約の仕方や働く方法などを表しているもので、カメラマンや漫画家、コラムライターや翻訳家などに多く見られるもので、その他の仕事でも正社員として仕事をするのではなく、仕事ごとに契約をして関わっていく人たちも含まれます。このようにフリーランスと言っても様々な職種が含まれているので、営んでいる職種によって全く違う働き方になるという特徴があります。そして、企業や団体などに就職している人と比較すると、仕事を自分の好きな職種から選ぶことができます。

しかし、その反面、企業や団体からの手厚い保護などがないというデメリットがあります。このようにメリットやデメリットが存在するフリーランスで仕事をするときは、これらのことに気を付けながら仕事を進める必要があります。離職防止のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *