知って得する給与前払いシステム

給与の日払いシステムは人材確保に有効

労働力不足に悩む企業等で人材確保のための対策を講じるとなれば、最も手っ取り早いのは給与水準を上げることです。ただ、これを実行するとなると当然ながら人件費の負担が増加するため、経営が圧迫されるおそれがあります。では、コストをかけずにできる人材確保策はないのかというと、決してそんなことはありません。給与の支払い回数を変えるだけで、魅力ある職場にすることも可能です。

それが、日払いシステムです。日払いシステムはその名の通り、従業員が賃金を毎日受け取ることのできるシステムです。といっても、昔からある日雇い労働とは異なります。通常のアルバイトやパートタイマー、場合によっては正社員であっても、それらの者が希望すれば1日単位で給与が受け取れます。

つまり従業員は、月に1度の一括払いか1日単位の分割払いかを自らの意志で選択することができるようになるわけです。日払いシステムを採用すれば、従業員は労働の成果を目に見える形ですぐ受け取れるようになるため、仕事への意欲が増すことになります。日々のこまごまとした生活費の支払いもスムーズに行うことができるうえ、家賃やクレジットカードの利用代金など、重要な支払いについても月単位でのやり繰りに苦労しなくて済みます。企業側も、昇給などのコストをかけずに従業員からの評価を上げることができるため、定着率の向上が期待できるだけでなく、求人市場においても優位に立つことが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *