知って得する給与前払いシステム

従業員目線の給与日払いシステムに注目

従来の給与日払いシステムは、どちらかと言えば会社側にメリットが集中している傾向がありました。初期費用も運営費用も無料とするサービスが多かったからです。一方で、この手のサービスは、日払いや前払いを利用する従業員側に高額の手数料を強いることになります。かつては手数料が著しく高いサービスも見られ、これに不満を漏らす従業員や、第三者による問題視する動きもあったほどです。

しかし、近年では手数料が是正され、ずいぶん利用しやすくなりました。今では従業員が有利に利用できる給与日払いシステムも登場し、本物の福利厚生と言える内容のサービスとして注目を集めています。このようなシステムの特徴は、会社側がシステムの初期費用や運営費用の一部、または全部を負担する内容のものです。給与日払いシステムの導入がもはや当たり前になっている現在の状況を考慮すると、今後は、その中身に注目が集まることになるかもしれません。

つまり、求職者が会社を選ぶ際には、どの日払いシステムが用いられているのかに着目し、手数料負担がゼロ、あるいは少額のものを採用している会社を選ぶ動きが生じる可能性があります。そして、従業員も単にシステムを導入しているだけという理由では、退職や転職を踏みとどまる動機にはなりにくくなります。以上を踏まえると、今後給与日払いシステムを導入する会社は、慎重な選択をした方が良いと言えます。導入コストやランニングコストが安いという理由だけで選ぶのは、あまり好ましくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *