知って得する給与前払いシステム

給与日払いシステム利用時の注意点

給与支払いシステムというのは、従来の給料日より前に給与の一部を日払いで受け取れるシステムのことです。この日払いシステムは、以前からアルバイトや派遣社員などに対しては馴染みのある支払い方法とすでに定着していました。しかし、近年では正社員として働く人に対しても本システムを適用する事例が増えています。その存在は、キャッシングなどを利用することなく急な出費が必要になったときのサポートをしてもらえる点が最大のメリットです。

その際に受け取るお金はすでに自分が働いた分の賃金などで借金ではありません。その点に大きなメリットを感じる方は多いことでしょう。一方で、日払いシステムの利用にあたっては手数料が必ずかかります。その手数料は給与の数パーセントと聞くと、微々たるものと感じるかもしれません。

しかし、本来貰えるはずだった金額の一部が確実に減ってしまいます。そのため、その利用は計画的に行う必要があります。なお、そのシステムを採用している企業についてもそもそも月給制を基本としつつ任意の日数のみ希望する従業員のみ日払いシステムでその一部を支払う、という方法を採用しているにすぎません。そのため、その頻繁なユーザーに対して企業側からのイメージがマイナスに働く可能性がある点には注意が必要です。

査定などの評価に多少の影響があっても文句は言えません。つまり、便利ではあるものの手数料もかかる日払いシステムの利用は、金融機関にお金を借りるとき同様計画的に本当に必要な時のみにするのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *