知って得する給与前払いシステム

給与日払いシステムとは?

給与日払いシステムは、最近よく耳にする言葉です。「前払いサービス」や「即払いサービス」などと呼ばれることもあります。そのサービス内容は、給与の一部を給料日が来る前に受け取れるというものです。日本の企業では基本的に月収制になっています。

月末締め、翌月の給料日に先月分の給与が銀行振り込みされる仕組みです。給料日は10日や15日、20日などとなっていることが多いです。給料日が10日となっていたらまだいいのですが、25日や30日となっていたらかなり待たなくてはなりません。日本の企業の給料日について正社員・派遣社員・アルバイトの雇用形態別に調査をしたデータがありますが、どの勤務形態でも一番多かったのは25日だそうです。

例えば、7月1日に働いた分の給料は、8月25日に振り込みされるということなので、55日もブランクがあります。その間にお金が必要になったら困りますよね。そんな需要に応えたサービスが日払いシステムとなります。日払いシステムはデメリットなしで利用できるでしょうか。

消費者金融のように高い金利がかかったら、利用を戸惑うでしょう。給与日払いシステムは福利厚生の一環なので、会社によります。会社が月額料金やシステム利用手数料を全額負担していることもありますが、従業員負担の場合もあります。システム利用手数料の相場は3%から6%なので、従業員負担となっていたら下手をすると消費者金融よりもコストがかかるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *