知って得する給与前払いシステム

給与前払いシステムなら企業の負担が軽い

給与の前払いシステムを導入する会社も増えています。

前払いの仕組みを独自に導入するのは経理の負担になり大変ですが、外部企業が提供する給与前払いシステムを採用すれば、手間がかからず、むしろ業務を効率化させることも可能です。給与を給料日前に支払うとすれば、普通ならその分のお金が出ていくことになるので、特にぎりぎりでやっているような小さな会社だと大変です。企業では、入ってくるお金が数か月先ということもあるので、働いた分すぐ払うのは余裕がなければ導入するのは難しくなります。しかし、外部のサービスは立て替え払いをしてくれるので、持ち出しはなくなります。実際の給料日に清算すれば良いので、負担なく導入することが可能です。

また、実際に利用する際の手数料の負担も、従業員の方が支払うことになります。初期コストも無料なところや低額なところも少なくないので、持ち出しを可能な限り少なくしたうえで導入できるので、大手企業以外にも使うことができます。すでに使っている勤怠管理システムと連動させられるものもあるので、システム移行などの手間もあまりかかりません。使える機能や銀行などはそれぞれ異なるので、比較してベストな物を選ぶと良いです。従業員の方も、スマートフォンやパソコンから申請することができ、決裁などは必要ありません。申請すれば翌営業日などすぐに支払いが受けられます。システムによってはカードを使ってATMですぐに引き出せるタイプもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *