知って得する給与前払いシステム

給与の前払いシステムを利用する

給与の支払いはほとんどのケースで雇用主側で決めた日にちに支払うシステムになっている事が多いです。

そのため給料を受け取るのは、決められた給料日にしか貰えないと思っている人も多いかと思います。実際は労働者が請求した時は使用者は、予定の日の前でも給料を支払わないといけません。ただしこの時に支払う義務が発生するのは既に働いた分の給与で、これから働く予定の分に関しては労働者に請求されても支払う義務はありません。前払いを要求する時は特別に方法などが定められているわけではなく、職場で口頭で請求するような方法でも可能です。

しかしその方法だと請求する本人が現場の管理職を通して請求する事になるので、請求しにくいというデメリットがあります。また使用者との間を繋ぐ管理職の業務も増えるので、あまり効率的な方法ではありません。給与の前払いシステムを導入すれば、スマートフォンやパソコンからアクセスしてオンライン上で手続きができます。このシステムを使えば、いくつでも申請できて便利なのと申請する事を周りに知られずに済みます。さらに間に入る人も必要ないので、第三者の仕事が増える事もありません。オンライン上で前払いを申請するので、手続き上の人為的なミスが発生しないのもメリットです。システム上で申請された内容の詳細と振り込んだ時の情報を保存するので、後で給与支払いに関するトラブルに発展するリスクも回避できて、労働者側にも使用者側にもメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *