知って得する給与前払いシステム

給与の前払いは前借りよりも手軽なシステム

工場やオフィスなどに勤務している労働者が、給料日前に何らかの事情でまとまったお金が必要になった時は、以前であれば勤務先に前借りを申し出ることで資金を調達することができました。

前借りとは、その名の通りまだ支払われていない給与を担保に勤務先から借り入れを行い、給料日が来たら返済するというシステムです。ところが近年では、これに代わって前払いというシステムを導入する企業等が増えてきました。これは、呼び名の違いからも分かるように勤務先から資金を借り入れるのではなく、給与を前倒しで払ってもらうというものです。

といっても、次の給料日に支払われるであろう給与を全額前払いしてもらうのであれば、これは実質的に前借りをしているのと同じことです。しかしこのシステムでは、支払われるのはすでに確定した分、つまりたとえば10日働いたとしたら10日分が上限となります。あとの20日分は本来の給料日が来た時点で追加支給されますし、もし欠勤などがあれば当然その分は減額されます。

前払いシステムの普及が進んでいるのは、これが借入れではないというまさにその点に理由があります。すなわち、雇用者側と労働者側に債権債務の関係が発生しないため、債権管理の手間が省けるのです。言ってみればこのシステムは給料日を任意のタイミングで複数回設けるようなもので、支払いが済めばその都度事務は完結します。雇用者も労働者も、手間をかけずに手軽に利用することが可能です。
給与の前払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *