知って得する給与前払いシステム

給与の日払いは人手不足解消のための有効な対策

企業が人手不足を解消するために取り得る施策の中で最もシンプルで効果的なのは、給与水準を上げることです。

同じような仕事内容でも、他社より少しでも時給や日給の単価が高ければ、自然と人は集まってきます。ただ、当然ながら給与の増額は人件費の増大をまねき、利益を圧迫します。そのため、できるだけコストをかけずにできる人手不足対策があるのであれば、それを採用するに越したことはありません。こうした中、注目を集めているのが日払い制度の導入です。いわゆる日雇い雇用契約ではない従業員に対しても日払いを認めることで、「必要な時にすぐお金が手に入る職場」という評判が確立されれば、求人を募集する際も他社に比べて有利になります。

この日払い制度とは、正社員やアルバイトなどの通常の身分にある従業員が、自ら申し出た時は1日単位で給与を支給するというものです。つまり改めて雇用契約を結び直したりする必要はなく、特別な労務管理も不要です。また、全社員に一斉に適用する必要もありません。ただ、希望者に対してのみ支払い回数を増やすだけです。事務の流れはまず本人からの申し出を受けて支払額を計算し、本人指定の口座に振り込むという形になりますが、一連の作業を自動化できるアプリケーションも開発されているので、企業側の手間はそれほど増加しません。また、あくまでも従業員側の意志に基づくものであることから、振込手数料も従業員が負担することに同意すれば、コストの増大も避けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *