知って得する給与前払いシステム

給与の日払いは企業が対応するべきなのか

給与は、一般的な企業では「働いた月の翌月15日、もしくは25日」に振込をしている企業が多いです。

しかし、最近では「日払い」に対応を始める企業も増えています。企業側が日払いを支払い方法に増やす理由はなぜでしょうか。まず1番の理由は「採用の難」があります。年々、求人を出しても応募が取りづらくなっており、大手の求人サイトで応募をかけても人が採用しにくい状態です。しかし各大手の求人サイトでも「日払い」は人気のキーワードになっており、求人サイトのアクセス数をアップさせることや、応募を増やすことが可能です。

また、採用に限らず、既存の従業員の定着率アップにも効果があります。日々働いた対価が受け取れることで、従業員のモチベーションアップにも繋がります。ただし、企業側としては毎月1回の給与の支払い回数が増えることは、「管理の手間が増えてしまい大変」だという印象を持ってしまうしまうかと思います。では日払いに対応している企業はどのように管理をしているかというと、日払いに対応したサービスを導入している企業がほとんどです。サービスの提供元が希望者に対して申請された分の金額の支払い対応をしてくれるので、企業側は都度支払いをしなくても良くなります。サービス内容は提供会社により様々ですが、企業側の料金負担は0円で利用できるサービスもあります。(この場合、希望した従業員に手数料がかかるケースが多いです。)求人の応募がなかなか取れない、離職率を下げたいなどのお考えがある場合は給与の支払い方法として検討してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *