知って得する給与前払いシステム

給与の日払い制で企業が得るメリット

近年は、求人活動を行う際に「日払い可」を条件とする企業が増加してきました。

ここでいう日払いとは日雇いのことではなく、通常であれば毎月1回、所定の日にのみ支給される給与を、従業員側が申し出れば1日単位で受け取れるというものです。一種の分割支給システムであるとも言えます。このシステムは、1日単位で仕事の区切りがつく職場で導入される例が見られます。

具体的には工場内作業・ビルや駐車場などの警備・デリバリースタッフといったところですが、派遣会社で導入されている例も見受けられます。また、数はあまり多くありませんが、正社員にまで導入している例もあります。給与を日払いにすることで企業が得られる最大のメリットは、求人に対する応募者の増加です。

労働の対価を1か月に1度しか受け取れない職場よりは、毎日受け取れる職場の方が、たとえ経済的に困難な事情を抱えていなくても魅力的なものと感じられるのはごく自然なことです。就職を希望する人が増えれば、それだけ優秀な人材を確保するチャンスも大きくなります。すでに勤務している人の労働意欲を高める手段としても、日払い制度は有効です。短期の仕事を好む人の中には、複数の職場を掛け持ちしている人が少なからず存在します。その場合、一方が給与を毎日受け取れるのに対し、もう一方が月に1度のみだとすれば、日払いの仕事の方に専念しようという気持ちが自ずと高まってきます。その結果、定着率も向上します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *