知って得する給与前払いシステム

企業の成長を支える社員の離職防止

企業活動を継続していく上で、欠かせないのは大切な社員です。

社員がいなければ、企業は営業活動を継続していくことが出来ません。離職率を下げることは企業が継続していく上で欠かせない重要事項と言えます。日本は海外に比べるとまだ入社した会社で定年退職まで働き続ける社員が多い企業文化が根付いていますが、徐々に日本国内においても転職市場が充実してきています。また、日本人の労働人口は今後急激に減っていきますので、否応なしに外国人従業員の雇用を検討しなければならない時代がやってきています。外国人従業員の場合、日本人よりも給与や雇用条件などで会社を移ることに慣れている方が多いので、離職防止対策を行わないと費用をかけて採用、育てた大切な従業員が離職してしまう可能性を高めてしまいます。

離職率が高いと感じているのであれば、まずは自社の働き方について客観的に判断してみましょう。有給を取得しにくい社風であったり、長時間残業を強いる労働環境は現在の働き方の価値観からは逸脱しています。もちろん、サービス残業が横行しているような企業であれば、離職率を下げることは出来ないでしょう。離職防止のためには、社員の方に気持ちよく働いてもらう必要があります。一日の大部分を過ごす社内の労働環境が悪い中我慢をして働く時代はありません。離職防止を前提に、会社の在り方として、休暇の取得率を上げ、残業を発生させないように工夫をし、人間関係の風通しを良くする努力が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *