知って得する給与前払いシステム

優柔な人材を逃さない離職防止への取り組み

退職者を調べてみると、仕事についていけなくて離職する人はほとんどいません。

優秀な人材が現状に何らかの不満を抱いて辞めていくケースが多く、離職防止を講じないとどんどん優秀な人材が失われます。仕事ができる人は達成感ややりがいを求める傾向にあり、それが得られないと興味が無くなってしまうため、他にもっと魅力的な職場はないかと探し始めます。こういった人々を満足させるには、次々と新たな業務を任せたり、規模の大きなプロジェクトを担当してもらうことが重要です。責任感あるポジションは人によっては負担になりますが、自信のある人には願ってもない環境です。給与が低いことで辞めたくなる人もいますが、これは給与イコール評価という認識があるためであり、社内の水準と比較して不満を持つこともあります。

逃したくない人材なら、これまでの規定を見直してでも給与のアップを図るべきです。給与面で満足させることができればモチベーションを高めることにもつながり、離職防止に直結します。社内の雰囲気が合わないという理由の場合、その人物に先頭に立ってもらって社内改革を推進するのも一つの方法です。改革のリーダーになることで社内体制への責任感も芽生え、帰属意識が強くなることで離職防止になります。古い体質の会社では、若い優秀な人材が不満をもらすことも少なくありませんが、改革を嫌う上層部が変わることを良しとしません。そのような中でも改革を推進して欲しいことを直に伝えれば、やる気も戻るはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *