知って得する給与前払いシステム

コミュニケーションの活性化で離職防止

コミュニケーション不足の会社では、社員がどのような思いを抱えながら仕事をしているかが分かりません。

ですから、退職願いを出されて慌てて引き留めることも多く、なぜそのような決意に至ったのかも検討がつきません。本来なら、そうなる前に離職防止を考えて社内体制を整えるべきであり、事が起こる前の対処が必要です。最近では社内でのコミュニケーションも足りなくなっていて、若手とベテランとの間にも隔たりがあります。その隔たりを埋めるにはやはり双方の努力が必要ですが、より努力をしなければならないのが上に立つ側だということを理解しましょう。昔のように頻繁に上司と飲みに行くような関係が構築されていると、何か問題が発生した時でも相談してくれるため、急に辞めてしまったという結果には至りません。

しかし、現代では飲みに行くことも減り、社内でも杓子定規な対応しかとらないので、目に見える離職防止への対策が必須です。重要なのは、困ったことを相談できる先を作っておくことです。会社によって呼び名は違いますが、相談窓口のようなところがあると一人で悩まずに済みます。既に離職防止策の一環として設置していることも多いのですが、未だ未設置だという場合には早急に担当者を選んで設置することをお勧めします。担当者は、ベテラン社員では話しにくいこともあるため、できるだけ若手から中堅の範囲で探すのが理想であり、話を聞くのが上手な人材がいるとスムーズです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *