知って得する給与前払いシステム

勤続年数に応じた離職防止策

一口に離職防止策と言っても、抱えている問題は勤続年数によって大きくことなるため、個々に合った対処が必要です。

例えば新人等のまだ仕事に慣れていない若手社員の離職防止では、業務に関する不安が大きな割合を占めます。一人で仕事をこなすことができず、ミスをした時に回収する術も知りません。ですから、適切なフォローを受けられないと自分は向いていないと思い込んでしまいますし、周りにも迷惑をかけていると自己嫌悪に陥ります。重要なのは、その都度適切なフォローを入れて仕事を円滑に進められるように環境を整えることです。少し慣れてきた世代も、イレギュラーなことが起こればフォローが必要です。中堅社員になると一人で仕事をこなすことができ、イレギュラーなことにも十分に対処できます。

会社の中心となって働いてくれる存在ですが、その分評価が見合わないと不満を持ちます。評価が得られないことは離職に直結する問題であり、実際に離職防止策として給与体系の見直しを行う会社もたくさんありますが、すぐには見直すのが難しければ報奨金等を上手く取り入れて評価していることを伝えることが大切です。ベテラン組になると、あまり離職を考えません。会社を動かす存在であり、実行力もありますので、環境が悪いと感じれば改善するだけの力があります。ただし、ある程度の年齢になって仕事を任されなくなると、もう会社には要らない人材だと言われているように感じて辞めてしまう人もいるため、責任あるポジションを任せるのが良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *