知って得する給与前払いシステム

従業員のストレスチェックを行って離職防止

離職率を下げるために行えることはたくさんありますが、最近導入する会社が増えているのがストレスチェックです。

何らかのストレスがかかっていても本人が気づかないケースもありますし、無理をして仕事を進めてしまうこともあります。そういった従業員を上手くフォローするためにはストレスチェックが必要不可欠であり、結果に応じて個々に合わせた対処を行うことも忘れてはいけません。問題を抱えていることが分かっても、それで調査を終わりにしては意味がなく、解決するための手段を講じるところまでが離職防止への対策となります。事前に悩みを聞いていれば社内で対処できる可能性がありますが、辞めたいと考えている人の多くはいきなり退職願いを出しますので対策をする時間がありません。

窓口になるような機関が社内にきちんと設けられていて、いつでも相談できるような雰囲気があれば、悩んだ時に追い詰められることなく打ち明けることができますので、気づいた時には引き留められない段階まで来ていたということを減らせます。先手を打つことが、離職防止を行う上で重要です。遅れれば従業員の意志は固まってしまいますので、不安や不満を抱えた時点で早めに気づけるかがポイントになります。面談等の取り組みは、一度やったら終わりではなく定期的に実施し、常に心理状態を把握しておくように努めることが求められます。ストレスチェックが上手くいっている会社では、特に他の離職防止策を講じていなくても離職率が低いことが多いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *