知って得する給与前払いシステム

離職防止に注力する企業!どのような対策を行うべき?

労働人口の顕著な落ち込みによって、人手不足で苦境に立たされている企業は少なくありません。

これまでの社員数を維持していくには、少なくとも退職者の人数と同じだけ採用する必要があります。そのためには、これまで以上に求人活動を精力的に行わなければなりませんが、そんな余裕はないケースも多いでしょう。そこでポイントになるのは離職防止の工夫をすることです。ただし、企業を去るのは社員の自由であるため、経営者が懇願するだけでは離職を減らせません。企業に留まりたいと感じさせる魅力的な事柄を提供しましょう。たとえば、働き方改革により残業できなくなって、経済的に困っている人は少なくありません。そのため残業時間がゼロだった場合は特別手当を支給するという制度を設けるのも一つの手段です。

また、社員を他社に一時的に留学させる制度を設けた企業もあります。転職しなくても他の企業で労働体験ができるため、キャリアプランを考えるうえで参考になることが社員側のメリットです。経営者としては、自社の良さを再確認してもらうことで離職防止につながることを見込めます。いずれにせよ、社員のニーズを踏まえたうえで制度を設けることが大切です。経営者の押しつけがましいスタンスは、離職防止と逆効果になってしまう恐れがあります。事前にアンケートを実施して需要を確かめておくと安全です。この取り組みに成功すれば、人材の確保に悩まされずに本業に専念しやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *