知って得する給与前払いシステム

離職防止は早めの取り組みが重要

社員の離職は、生産性を低めて品質も影響を及ぼす問題です。

業務を行えるのは従業員がいるからであり、皆の努力が利益を生み出していることを忘れてはいけません。人材が不足すればまた新たに採用すれば良いと考えているうちは本気で離職防止に取り組みませんが、人材採用自体にお金がかかりますし、離職が立て続けに起これば残された人材のモチベーションが低下して悪循環に陥ります。ですから、安定した業績を確保したい時には早急な離職防止対策が必要です。離職の理由として職場環境を挙げる人が多いのですが、職場環境といっても様々な問題があります。例えば、物理的な環境以外にも人間関係であったりモチベーションの維持であったり、個々で抱えている悩みは異なります。どの問題も丁寧に対処しなければなりませんので、専門の部署を立ち上げて解決を図るのも一つの方法です。

専門の部署を立ち上げない場合でも、複数人が話し合いながら解決策を探るくらいの気持ちでなければなりません。短期間では見直せない項目の一つに人事評価や給与体系がありますが、本気で離職防止を考えるのなら早めに手を付けるべき分野です。人事評価に不満を持つ人が多い時には既にその評価体制が現状に合わなくなっている可能性が高く、新たな体制作りが必要です。給与を一律に上げると経営を圧迫して存続するのが難しくなるケースもあるため、給与面に関しては透明性を持たせて少しずつ改革することになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *