知って得する給与前払いシステム

給与を日払いで受け取ったときの税金処理

副業などで給与を日払いで受け取ったときには、税金の処理を行う必要が出てきます。

複数箇所で受け取りをしている場合、全ての収入と控除などを確定申告により対応します。またアルバイトなどを複数箇所で受け持ち、それぞれが仮に給与を日払いで対応している場合でも、全てを合算して計上する必要があります。ルールに基づいての申告ですが、申告者側にもメリットが生まれる場合もあり、一概に不利になるばかりとは限りません。払いすぎた所得税及び復興所得税は返してもらえます。その後の住民税の計算でも、申告した金額を元に住民税額の計算を行うため、減税されて課税される場合もあるためです。守るべきルールをしっかりと守りその上で確実に対応を行うことで、後日のトラブルから逃れられます。

給与を日払いで受け取る場合でも各事業所ではマイナンバーを提示させる場合も多くなり、この番号で税務当局などは収入などを把握できるものです。後日申告漏れなどで追徴課税などがなされないように、確実な申告が重要となります。払いすぎた税金の還付及び減税と、まだ納税が足りていない場合における追加納付も、確定申告を行うことではっきりします。定められた期日までに納税を行うことが大事です。住民税額もまた申告内容に応じた課税がなされてきます。なお確定申告では、収入と控除など全てを申告することになります。その結果として納税額が増える場合もあれば減税になる場合もあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *