知って得する給与前払いシステム

日払い給与は、その日に現金が渡されるとは限らない

日払い給与と聞くと、業務が終わるごとに現金が手渡されるイメージがある人も多いですが、必ずしもそうではありません。

給与計算が1日ごとに行われる方法を指し、現金の支払いは翌日や週毎など会社ごとに異なります。その日のうちに現金で受けられる仕事がしたいときは、求人情報などで確認することが重要でしょう。日払いは税金や保険料などの対象外だから便利と、しばしば耳にします。しかし会社はマイナンバーの提出を求めることで、支払った給与を1日限りでもしっかり記載します。したがって、働く会社が異なっても年間所得が103万円を超えると所得税を納付しなければなりません。日払いでも繰り返しパートやバイトで働くと、納税義務を負うことがあります。各会社ごとにマイナンバーの提出を求めるのは、年間の収入総額を把握するためです。また日払いでも雇用保険や健康保険の対象となる可能性があります。

あくまでも計算上の名称ですから、日雇い労働とは若干ニュアンスが異なります。日雇い労働者が自ら雇用保険に入る制度は、別途ありますが、生計を助けたり趣味などに使うお金を稼ぎたいときには、1週間の所定労働時間が20時間以上あるなどの基準を満たさない限り、加入の必要はありません。社会保険の場合は、週30時間以上の所定労働時間または20時間以上で一定の規定を満たすと、加入はできます。社会保険は年間収入が130万円未満ならば扶養になれるため、基準以下ならば加入しない選択肢も良いでしょう。いずれにせよ、日払い給与でも税金や保険料の対象になる場合がある点は十分留意することが大切です。
給与の日払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *