最近はすっかりノートPCやタブレットPCの性能が向上したことで、デスクトップを持っていないなんて方も増えてきています。

実際、もち運びには使えませんし、仕事に使うのは余程特別な処理が無い限りはそれで充分なくらいには、ノートPCも性能が高くなっています。ですが、ここであえて自作PCを選択してみるのも一興です。まず、自作PCの一番の強みはセッティングに拘れる事です。グラフィックボードやマザーボードの乗せ換え、CPUやメモリの増設などで、かなり自分好みな性能を作り出せますし、多重処理を行う場合などには一体型などのパソコンではやっぱり限界もあります。

そこに行くと、やはりタワータイプのデスクトップは排熱関係も考慮をすれば、処理能力と熱蓄積を併用して数多くの事を同時にこなすことが出来る上で、動画などの描画が落ちないなど、ストレスを感じずに作業が出来たりします。ただ、自作PCと聞くと自分で組み立てる知識が無いからどうしても及び腰になっている方も居るかもしれません。こういう方にも、今は組み立ててくれるお店があります。主にはパーツショップでの請負などや、ネット通販の業者などに使って欲しいパーツや一定以上の性能を要求して、それに遭ったパソコンをくみ上げて貰うという形式です。

非常に柔軟に自分のニーズにこたえてくれますし、最近は市販の既製品も性能が良いのでそこまで大きな差ではないですが、パーツの選び方次第では幾分かコストを削減できるなど、面倒くさがらずに行う事と、タワー型を置くだけのスペースがあれば、自作PCも面白いものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *