自作PC(パソコン)とは、自分でパソコンの各パーツを買い集めて組み立てるパソコンのことです。

自分で一からパソコンを組み立てるため、専門的な力が必要だと思われがちですが、最低限の知識を学べば誰でも出来ます。また、自作PCを組めるようになれば、パソコンユーザーとして多くのメリットが得られるので、一度経験してみることをおすすめします。メーカーが製作・販売しているパソコンは、PCケース・マザーボード・電源などがそのメーカーだけの規格で作られている場合があるため、数年間使用後にこれらの部品が故障してしまうと代わりの部品を探し出すのが困難になってしまいます。

メーカー製のパーツはPCパーツのお店では販売されておらず、修理時にはメーカーに頼むしかないので、修理に時間がかかる上に高額な費用がかかってしまいます。ただし、メーカーパソコンを購入する際に修理用の保険に入っていれば、ある程度は費用を抑えられます。これに対して自作PCの場合、PCケース・マザーボード・電源などは互換性のある規格で作られているので、どれもパーツショップで購入が可能です。

さらに、自作PCは拡張が出来るというメリットもあり、メモリの増設や高機能なグラフィックボードを追加して性能を向上させることが可能です。特に、ハードディスクにおいては自作すると多くの恩恵を得られます。実際に、メーカーパソコンにはハードディスクが1台までしか搭載されていない上に2台目を増設出来ない場合が多いのですが、自作PCを組む場合に増設可能なPCケースを用意すれば、2台どころか3台のハードディスクを搭載することも可能だからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *