パソコンを調達する場合、普通の人はすでに完全に出来上がっている既製品を買うのが普通です。

しかし、自作PCという選択肢も実はあります。自分で必要なパーツを購入してきて組み立てるというタイプのものです。自作PCを選ぶメリットは、自分だけのオリジナルのパソコンを作れるということに尽きるでしょう。超高性能のゲーミングマシンを作ることもできますし、小型でシンプルで格安なパソコンを作ることもでき、まさに自由自在です。自分で組み上げた世界に一つだけのパソコンには愛着もわきやすいです。

それから自作PCを作ることで、パソコンについて詳しくなれるというメリットもあります。マザーボードやメモリ・記憶装置・筐体などはもちろん、OSなども自分で選択して組み立てるので、自然にパソコンについての理解が深まっていきます。こうしてパソコンの仕組みを深く知ることによって、カスタマイズなども行えるようになりますし、壊れた場合も一部のパーツ交換だけで復活させてしまうなんてこともできるようになるでしょう。

ただし、自作PCを作ることはメリットだけではなくデメリットもあります。まず、トラブルは全部自分で解決しなければいけません。メーカーのサポートなどはありません。しかも自作PCはけっこうフリーズするなどのトラブルに見舞われがちです。ですから業務用で使うパソコンなどにはしない方が無難です。あくまでも趣味として楽しんでいた方がいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *